掲載日 初回投稿2017年07月28日
更新2017年07月28日
ぶるぼん
ぶるぼん6号機
10 x 10 x 80
正面

直管

08 (cm)

P800K

なし

なし

自己評価
☆☆☆☆☆
☆☆☆☆
☆☆☆☆☆
画像1

ぶるぼん5号機はモノラルだったのでステレオにしようと6号機作製。
あんまり長くすると100パイだと若干不安定なので、10センチ短くすることにしました。
この辺からパイプの長さや余り材をなくすことなども考え始めちょうどよいサイズはどれくらいか等追求はじめました。ステレオ・・2台作るとなれば同じ物を作るので高さの統一や重さも考え始めました。進化してるっちゃあしてるのかな。かなり遅い進化です。
塗装も考えました。ただのダメージ塗装ではなく鉄を意識した塗装をしました。

画像2

手ノコで切っているので若干ズレがでるので、かなり慎重に切りました。鉄っぽい塗装をするので少しサイバーな感じも出しつつ行こうと思い文字シールを100均で購入。シールの質はチープなのですが逆にそれがいいのです。薄手で厚みがじゃまにならない。またコーキングの役目も果たしてくれるスグレモノ。貼りづらいってのはありますので慎重に息止めて。

画像3

一番気を使ったのは塗装だと思います。
今回は古ぼけた感じも出したかったのでブラックではなくチョコレート色焦げ茶色とも言うのでしょうか。塗装して乾いたら400番で軽く削る。剥げすぎる所があれば塗装してまた削る。コレを繰り返していきまして擦れた古い鉄のイメージを作りました。狙い通り赤茶の輝きもでていい感じです。

画像5

このバックロードは引っ越し祝いに作ってたんですが・・もしいらないって言われたらどうしよう・・・と思って、同時にスパイスラック作ってどっちがいいか聞いてみよう。

画像6

結果、両方という事になって最後の仕上げにかかりました。塗装は全体的に色合いが落ち着いて納得が行く感じになりました。ヘッド部分が重く重心が悪い部分は下の方の吸音材に最初にゴムマットを使って重さを調整しました。

画像7

ヘッドもって途中から抜けちゃったってのも困るので、取手を付けました。これ音出したらカチャカチャ言うか心配でしたが、下の方にゴムを使ったからか共鳴振動がほとんどなく、問題なかったです。

画像8

完成したスピーカーを配置しました。30帖ほどのリビングにいい感じで響き渡りました。低音も出るので花台の上に置かせて頂き床鳴りを防御。
ピアノやギターのBGMを聞いてみましたがいい感じに響いてくれました。

プリンタ用画面
投票数:0 平均点:0.00
作成:2017/7/28 12:26:16 ぶるぼん   更新:2017/7/28 13:35:22 ぶるぼん   閲覧数:292
前
ぶるぼん
ぶるぼん5号機
カテゴリートップ
塩ビ管SP
次
ぶるぼん
ぶるぼん7号機

コメント一覧

投稿ツリー


たてちゅう  投稿日時 2017/7/28 12:46

これはかっこいいですね!

ぶるぼん  投稿日時 2017/7/28 14:09

たてちゅうさん
有難うございます。大きな洋館だったのでこんな感じにしてみました。



新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

作品コメント一覧

  1. Re: Yookan600 たてちゅう 2017/11/2 16:11
  2. Re: Yookan600 JunK 2017/11/2 12:55
  3. Re: C6th たてちゅう 2017/10/16 13:12
  4. Re: C6th JunK 2017/10/16 12:34
  5. Re: C6th たてちゅう 2017/10/15 22:01
  6. Re: 三角コーン たてちゅう 2017/10/15 21:58
  7. Re: Yookan600 JunK 2017/10/8 11:36
  8. Re: Yookan600 たてちゅう 2017/10/6 19:55
  9. Re: ぶるぼん6号機 ぶるぼん 2017/7/28 14:09
  10. Re: ぶるぼん5号機 たてちゅう 2017/7/28 12:47

サイト内検索