TOP  >  日記  >  N.H  >  塩ビ管SP  >  なんちゃって波動スピーカー

N.H さんの日記

 
2017
6月 1
(木)
14:01
なんちゃって波動スピーカー
本文

こんな感じになりました。5cmフルレンジ
完成当初は面白い音と思いましたが、
改めて聞くと、そんなでもない
ダイソーで買った貼れる布を巻き付けましたが、若干の透け感あり
よく伸びるのでカッターで切りにくく裏側は残念なことになってます。
容量を増やしてやるか、5cmのBHBSにチャレンジしてみるか
このユニットを何とかしていかしたい

そういえば、kenbeさんのブログ閉鎖してしまいましたね
なにかあったのでしょうか

画像1

画像2

閲覧(1404)

コメント一覧

投稿ツリー


たてちゅう  投稿日時 2017/6/1 15:07

サイト登録&SP完成おめでとうございます!

ダクトの大きさや長さでも変化すると思いますよ。
色々試して遊んじゃいましょう!!

kenbeさんの件は詳しくは分かりませんが、
静観でよろしいかと思います。

古舘@横浜  投稿日時 2017/6/3 0:52

Kenbeさんの新しいブログは新着日記から行ける様になりましたね。
http://bit.ly/2qKgthX (bhbs480.blog.fc2.com)

N.H  投稿日時 2017/6/5 10:26

今朝気が付きました
お元気そうで何よりです
アンプの差に言及していますね。そこはkenbeさんのおっしゃるとおり、構造がシンプルバスレフや密閉型が差が顕著なのかなと
以前ダイヤトーン密閉型3wayを使っている時には、アンプやケーブル、DACを変えてましたが
今はその時の一番いい状態からまったく変えてません
ところで、高校時代に新品で購入したSansui @607kx の音が強烈でトラウマものでした。
あの音がもう一度聞きたくて、ヤフオクで入手したのですが、高音がボヤボヤでガッカリしたことがあります。コンデンサーの劣化が原因なんじゃないかと想像してます。
それ以降は新品の安いデジタルアンプに以降していきましたね。

N.H  投稿日時 2017/6/5 10:48

今思い出しました。
なぜ@607kxを売ったのか。
パワーアンプダイレクトの音が素晴らしかったのですが、ギャングエラーのため小音量では音が右側に偏ってしまってたからです。
なんでこんな高いアンプなのに左右の音量が同じじゃないのか理解に苦しみメーカーにクレームを入れた記憶があります。
メーカーの人が家にきたのですが、仕様の範囲内です、と言われただけでした。
今ならアッテネータかませば済んだ問題ですが、当時の僕はわからなかったですね。
恥ずかしい記憶です。



新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

ログイン

E-mail

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

携帯アクセス

QR_Code.jpg
http://bit.ly/dDcMxt (www.enbisp.com)

画像表示

N.H さんの日記 [ランダム画像]

お椀ダクトスピーカー アレンジ
これが不思議なのですが、ダクト内に突き板を貼ったら静けさが...

83sol TLS つや消しクリアラッカー塗装の磨き上げ
ちなみにこのスピーカーの吸音材ですが、サーモウール中心にホ...

カッティングシートの音質への影響
好きな音楽を流し、後ろのスピーカーコードを抜き差しして比較...

TLS 01 83solの仕上げ
グリルはお椀ダクトスピーカーからの流用です。 シナ合板は染...

83solBHBSのアレンジ 02
BHBS内部の音道です。 ラワン合板で作りました。 ...

様々な表面の板 反射音のレビュー
ラワン合板 表面 裏面に比較して少し落ち着きがある。表面の...

ラッカー仕上げの音 箱は振動していたらしい
手前側がラッカー仕上げ、奥がラッカーをしていないもの。 写...

お椀ダクトスピーカー 仕様変更
まずは写真真ん中にある内径6mm長さ60mmのアルミ管を差...

83sol TLS つや消しクリアラッカー塗装の磨き上げ
これが磨き上げた後の写真となります。 ...

様々な表面の板 反射音のレビュー
パイン材オスモカラー仕上げ 高音にツヤはあまり乗らないが、...