TOP  >  日記  >  古舘@横浜  >  筒型材料以外のスピーカー  >  P800DBのユニット換装

古舘@横浜 さんの日記

 
2012
5月 19
(土)
14:42
本文

P800DBはステレオ誌のコンテストに応募したものの、書類選考で見事に落選した機体だが、その後塩ビ管のオフ会でお披露目した後、当日は岩田さんのバックロード「イワトビ」をお借りして持って帰ったこともあり、置く場所もないのでそのまま車に積みっぱなしになっていた。
ルームチューンオフ会も近付いて来たので家に持ち帰り久し振りに聴いてみた。当初はP800が余りに安っぽい外観で良い音もしそうに無いので、直ぐにユニットを換えようと思っていたのだが、意外と良かったのでそのままになっていたのだが、これを機にユニットを換えてみたくなった。

3インチユニットは手持ちに10種類程有るが、以前QWTに使ったがユニットを4インチに換装したのでお役御免になった六本木工学のRC-80Aを取り付けてみた。これに換装して最初に聴いた印象は随分低音が出る。という物だった。
元々P800でも低音は出過ぎる位だったのだが、更に低域まで伸びているようだったのでハンディーアナライザーPHONICのPAA3で測定してみるとP800の時は50Hzまではほぼフラットだが40Hzではストンと15dBほど落ちていたものが、RC-80Aでは50Hz辺りまではそれ程変わらないが40Hzでも4dB位しか落ちていない。40Hzで10dB近い差が有るとかなり聴感上の印象が異なる。ただ、30Hz以下は殆ど出ていないし、前から感じていたこのユニットの欠点であるがパワーが入らないので、ちょっと大きな音を入れると直ぐに破綻する。ただ、マグネシウム合金の振動板で高域はかなり伸びていてツィーターは要らない程だ。パワーを入れなければパイプオルガンの最重低音は苦しいもののかなり良い感じで鳴ってくれる。
このユニットはDIYのSA/F80AMG同様、TangBandからのOEMで、最初はパネルから見える部分のフレーム形状の差のみで中身は同じ物と思っていたのだが、良く聞いてみると違うようだ。
個人的には最も好きなユニットの一つで、低音を入れなければパワーは入ると思われるので、今の所、将来のマルチアンプシステムにした時の中高域用の最有力ユニットだ。

ユニット取り付けは木ネジ止めだがP800のネジ止め穴とは微妙にズレているので、共通に出来ず、90度ずらしてネジ止めしたがRC-80Aのフレームが変則の長円(?)なので変な角度になってしまった。
しかしP800を固定していたネジ穴を利用して保護用のファンガードを取り付けたので若干目立たなくなった。コンテストの出品では無いので良しとしよう。

画像1

P800とは微妙に取付けネジ穴径が違うので共通に出来ず、90°ずらして取り付けたが変則フレームのために変な角度になってしまった

画像2

振動板保護にファンガードを付けたので若干違和感は消えた!?

画像3

5mmのスペーサーを介しP800を固定していた穴を利用してファンガードを2ヶ所で固定

画像4

換装後のf特

閲覧(7315)

コメント一覧

たてちゅう  投稿日時 2012/5/19 16:16

またまた良い音しそうですね!
このユニット僕も好きです。

後程ルームチューンオフ会の案内UPしますね。

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

ログイン

E-mail

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

携帯アクセス

QR_Code.jpg
http://bit.ly/dDcMxt (www.enbisp.com)

画像表示

古舘@横浜 さんの日記 [ランダム画像]

DAC+D級アンプ その後
抵抗をクッション付きの両面テープで固定し、足を曲げてランド...

サイクロン集塵機
底を76mmのホールソーで抜いてVU60が入るようにする ...

STEREO誌付属ユニット音出し
ScanSpeak10cm用の箱に入れてみた ...

オフ会用スピーカー3
ユニット仮固定。キャップスクリューでガッチリ。フレームが黒...

2014年度 STEREO誌 コンテスト作品 その6
3回塗りで大分良くなって来たが、濃過ぎて積層が見立たなくな...

爆安DAC
出力端子側のケースに基板がネジ止めされている ...

クッションフロア
テーブルソーのスタンドの脚には使い古しのテニスボールを被せ...

サブウーファー製作再開
L字クランプで垂直を出してそれを基準に組み立てて行く ...

オフ会用スピーカー2
バッフル用の30㎜厚のラワン合板。流石に30㎜有ると安定し...

投稿者

古舘@横浜 さんの日記
アクセス数: 1862685 



カレンダー

«前の月次の月»
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031