バックロードホーン anchor.png

ユニット背面の空気振動を、空気室から一定の絞りを経て、エクスポネンシャルカーブを理想とする広がり係数で拡張する音動を経て、開口部から低域を輻射する方式。

故:長岡鉄男氏が好んで設計製作したことで日の目をみた方式。

ロードがかかる領域では、ユニットの振幅が減るため耐入力が上昇、パワーが入るが、 ホーンのfh以下のではホーン効果が薄れ、振幅も増えて歪も上昇する。

一般的にバックロードホーンは中低域~低域にかけての量感とアタック感に優れるが、重低域~超低域にかけての伸びを得るには長大なバックロードが必要となり、ユニット口径に比較してエンクロージャがかなり大型化する傾向にある。

Page Top

参考サイト anchor.png

物色中。。


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 5628, today: 2, yesterday: 0
Princeps date: 2009-05-18 (Mon) 12:18:15
Last-modified: 2009-06-20 (Sat) 01:05:09 (JST) (3597d) by 庶務係