タグクラウド(登録数順)

TOP  >  日記  >  kenbe  >  ブログ・ハイエンド自作スピーカー【小口径ユニットの料理も挑戦

kenbe さんの日記

カテゴリー:ブログ・ハイエンド自作スピーカー【小口径ユニットの料理も挑戦
外部サイトに登録された最近の日記一覧
このユーザーは現在、外部のブログを利用しています。
以下のリンクは当サイト外のコンテンツになります。
7月
12 (日)
写真は、先週、西伊豆の家で試聴をした時の物です。様々なスピーカーを付き従えているようにも見えますが、部家の中でのセッティングはフリースタイルそのものです。部屋が悪いのですべての帯域の音の精気は少なく感じましたが、それ以上に低音が全く出ない状態になりました。見事にかき消されている状態で、薄い板の振動と音が外に抜けていたのが原因かと思っていました。本日、8cmの箱の研磨で西伊豆の家を訪れました。リベン
7月
12 (日)
昨日、製作した8cm箱の部材の加工際に出た円形の端材です。箱の内部の様子ですが、フロントバッフルが2枚重ねになっていることが分かると思います。ユニットを固定する前面の板の穴は76mmで確定していますが、2枚目の板の穴は76mmより大きくすればサイズは自由です。そこで、現状の開口部が約79mmなので径80mmの板が残るように自在錐を調整して、径80mmの円形の板を刳り抜きました。一枚目の写真でもお分かりになる通
7月
11 (土)
ローサを小さくしたようなフェイズクラブとサブコーンですが、はったりでは無くて中高音に良く効いています。KF1018Aと比べると全体的にすっきりした音ですが、下は大分伸びている感じです。KF1018Aより少し高いですが、その分高域が綺麗なのでローコストの部類のユニットだと思います。暫く、放置をしていましたので・・・・
7月
11 (土)
外は、お日様が顔を出したり、突然!!大雨になったりと天気が定まらず、面取りは断念しました。その代わり1本ですが、モノラルので試しに音出しをしています。部屋のキャパを再現する録音だと低域や高域の録音に実際の音との差が生じやすいようなので、距離をスピーカーに近くして録音をしています。それと、小口径スピーカーでは必然的に過大入力になりやすいので、近くで録音して音圧を稼ぐのも良さそうです。もう一本は、暫く
7月
11 (土)
性懲りも無く暇が出来れば箱作りに精をだしています。午前中に、板のカットと穴開けを済ませて各部材のサイズを確認しています。今回は、音道を前の音道に変えています。サイズH400mm×W135mm(音道)×D315mmに落ち着きました。6cm級の箱が既にあり、音出しを済ませていたので漫画図は早々に描くことが出来ています。写真は、空気室の補強とスロートの補強の様子ですが、天板の補強も兼ねています。接着剤が乾
7月
11 (土)
(ヤフーさん借りました。)現在、三島は横殴りの雨が降っています。8cm用の箱の漫画図を書いて箱作りをしようと考えていましたが、この雨では・・・・・・ホームセンターの工作室はコロナの影響で使用禁止になっています。穴開けなどの作業は出来ないので、自宅で行なうしかありませんが、この天気では迷います。カーポートの下での作業も可能ですが、横殴りになると作業を中止しなければなりません。テレビの予報は曇り時々雨
7月
10 (金)
音楽鑑賞以外は、高級椅子もドアの前に陣取るので邪魔になります。この椅子は、重厚な割には軽くて移動が楽です。小箱を耳の位置にならないように左壁の低い位置置いていますが、音楽を聴きながら見えると何か悪さをしていないのかと疑心暗鬼になります。部屋の外に出すのが一番良いのですが、3Fフロアーは実の入ったラックが2つ陣取っていますので物理的に無理です。やはり、ヤフオクで処分するしか無さそうです。次の箱を作り