タグクラウド(登録数順)

TOP  >  日記  >  kenbe  >  ブログ・ハイエンド自作スピーカー【小口径ユニットの料理も挑戦

kenbe さんの日記

カテゴリー:ブログ・ハイエンド自作スピーカー【小口径ユニットの料理も挑戦
外部サイトに登録された最近の日記一覧
このユーザーは現在、外部のブログを利用しています。
以下のリンクは当サイト外のコンテンツになります。
10月
21 (月)
防音ドアが鉄板なので、ネオジムマグネットを張り付けていました。ユニットへのネオジチューンをしたくて取り外そうと思い指で挟んで引っ張ってみましたが、うんともすんとも言わない状態になっていた。横にずらす程度は出来ましたが、全く素手ではだめです。そこで、バイスで固定してから取り外すことに成功、数個を取り外しました。次回から、防音ドアに薄い板を間に挟んで置くことにします。スピーカーユニットの磁力の強力化は
10月
20 (日)
過去にも紹介したことがありましたが、写真の2wayを使用してハイエンドを目指したこともありましたが、大失敗しています。原因は、ツイーターの能率の低さにあり、バイアンプで別駆動で音圧の調整を試みますが、逆にうまく繋がらなかった。このペアーは、値段はペアー税抜きで定価で16万円もする高級ユニットに期待しての購入だけに残念でした。どれだけの方が、購入されたのか?音は良いと思いますが、それだけで魅力を感じな
10月
19 (土)
ブログを立ち上げたころは、Fostexの製品でハイエンドの音を目指すと目標を掲げて箱作り、音作りに邁進していました。いつのころからか?迷いや疲れが発生してF社から別のメーカーのユニットを使用するようになり、一時期はスキャンスピーク一辺倒の時期もありました。しかし、一社だけだと良い音とは認めるも自己の好みから少し外れる結果になっていた。根底には、F社の音が沁み込んでいたようで、F社の製品をコラボさせ
10月
18 (金)
気になると速攻で行動に移す性分は、還暦を過ぎても変わりません。(汗)本日は、出張前に代休を取って好きな自作スピーカーの改善をしていました。塗装などしている時間的な余裕がないので、メルクシパイン15mm厚の集成材を使用して簡単にウーファーの交換作業をしました。本来なら、一から作り直すのが王道ですが、密閉箱なので既存の箱をそのまま使用。サブメインの箱は、少し容積が少なかったのでメインの箱で本領を発揮して
10月
17 (木)
昨晩、一時的に出張から帰ってきました。そして、やることは決まっています。出張中に思案していたことの実行です。メインのスキャンの26cmウーファーを、フォスのSLE-20Wの2本使いに変更して音の違いを確かめたかった。下手な録音にも関わらず、耳の良い岩田さんもSLE-20Wの低域再生能力の片鱗を感じ取られていました。事実、エッジレスウーファーの特質して、F0を低く出来るためなのか?20cm級でカタログ数値のF0の27H
10月
13 (日)
昨日、避難をする前にメインの音質改善をしていました。音質改善と行っても、アッテネーターをトランス式に変更をしただけですが、少しでも良い音への貢献が出来ればと思った次第です。後は、移動が大変なのでキャスターを設置しました。
10月
13 (日)
昨日は、午後2時に町内放送があり、狩野川が氾濫する恐れがあるとの尋常では無い放送で避難をする事にしました。一時期は、近くの新城橋の欄干まで70cmと迫り、氾濫寸前!!(大汗)近隣の中学校の体育館に午後10時頃まで避難をしていました。普段は、台風が来ていようと音楽鑑賞に耽っていますので、台風など気にしていませんでしたが、今回は少し事情が違いました。川が氾濫したのではないのですが、水路の水門を逆流防止