タグクラウド(登録数順)

kenbe さんの日記

カテゴリー:ローコスト・ハイエンド自作スピーカー
外部サイトに登録された最近の日記一覧
このユーザーは現在、外部のブログを利用しています。
以下のリンクは当サイト外のコンテンツになります。
8月
17 (木)
面取り準備、線を頼りに丸のこで斜めカットをしていきますが、最近ではガイドは不要まで、丸のこの扱いが上達しています。面取り完了。研磨は、120#までの仕上げで、細部の調整はしていない状態で、本仕上げと塗装は後日に実施する予定です。スロートにコルクシートを貼り付けて、スロートの面積を狭くして、量感の減少と締りを狙う。FEに比べると中域の張は後退するalpair7ですので、空気室に吸音材は厳禁ですが、何もしな
8月
16 (水)
ダクトの長さ調整の延長で、塩ビ管の継手を使用しての調整を試みました。最初は、45度のL型?継手で確認、低い音は出るようになりましたが、長いダクト特有の塊のよう低音再生になる。解像度も悪いので却下することにした。そこで、もう一つ用意をしている直管の継手で試すことにする。直管の継手は良好な結果となった。長さでは、43mmの延長ですが、内径は88mmから89mmに大きくなった。継手なので塩ビ管の外径のサ
8月
14 (月)
昨日は、市内の墓地と西伊豆の墓地へ墓参りに行って参りました。天気は、曇りのち雨と不順でしたが、伊豆方面へ行く車は沢山、136号は早朝より大渋滞。まともな道は使用が出来ずに、裏道使用の西伊豆スカイライン経由、通常より30分程度の時間超過で済みました。帰宅後、ユニットマウント用のスペイサーを製作。べニア+コルクシートユニットの取り付け方法とダクトの取り付け方法です。ユニット取り付け部の裏側の板とダクト
8月
13 (日)
ダクト内部の塗装黒艶消しで塗装を施して塩ビ管から、市販のダクトように見せる。ダクトに固定用の木のリングを装着して補助バッフルに接着をする。補助バッフルにダクト部分の接着を完了。接着前の確認。いい感じですが、ダクトの径を小さくしたため、デザイン的に通常のダブルバスレフかシングルバスレフに見えるのが・・・
8月
9 (水)
時間経過とともに低音全体の量感が増えてきています。低音過多は、中高音の解像度を落とす要因にもなりますので、低音の量感と質の改善が必要になります。そこで、ダクトの口径を少し小さくすることにした。写真は公称75φの塩ビ管のVUとVPですが、外径は同じ89φですが、内径はVUの方が大きくて塩ビ管の厚みも薄い。内径はVUが83mm、VPが77mmと5mm程、サイズダウンになります。バスレフ向きのユニットを石田

OpenIDログイン

サイト内検索

画像表示

kenbe さんの日記 [ランダム画像]