タグクラウド(登録数順)

TOP  >  日記  >  kenbe  >  ブログ・ハイエンド自作スピーカー【小口径ユニットの料理も挑戦

kenbe さんの日記

カテゴリー:ブログ・ハイエンド自作スピーカー【小口径ユニットの料理も挑戦
外部サイトに登録された最近の日記一覧
このユーザーは現在、外部のブログを利用しています。
以下のリンクは当サイト外のコンテンツになります。
9月
29 (火)
千葉のHさんにツイーターのダメ出しを頂いていたので、最近、深層心理でツイーターに興味を持っているようです。アクトンの150万円のダイアモンドツイーターは、逆立ちをしても買えないでお手頃な金額で無いのかと気に掛けています。スキャンスピークの国内販売も以前と比べると、大分買い易い金額になってきています。現在使用中の、スキャンスピークD3004/66200もご多分漏れず易くなっていますが、スキャンスピー
9月
28 (月)
最近購入したCD(SACD×3)です。半沢直樹の最終話は、痛快でした。続編があるのかどうか?頭取まで上り詰めるまでの、仮定のドラマを想像しています。最近連続で、フルレンジユニットを購入しています。その中で、購入したTBの高級ユニットの10cmと20cmは既に音の確認をしていますので、本来は買わないのですが、物欲で購入しています。今までの自分なら、先週の連休や昨日の休みで箱を作っていたと思います。箱
9月
26 (土)
今日は、朝から小雨がぱらついたはっきりしない天気でした。昨日外した、AV用で使用していた箱を西伊豆の後輩のところに嫁入りする事が決まり、急遽!雨の合間に研磨をしました。2年近く無塗装の侭で置いていたので、表面がざらついていたのと、木ネジの穴の後の穴埋めを兼ねて研磨を実施しました。本来なら、穴には割り箸などを削って打ち込むのですが、今回は木工用パテで穴埋めをしています。オスモのノーマルクリアーかニス
9月
25 (金)
11.2chも時間と手間を掛けて構築したのに飽きると解体となります。最近では、映画を見ても全く11.2chを使用することはありませんでした。理由は、少し音量を上げるとプロテクターが掛かってしまい映画を見ていると、興ざめをしていました。やはり、A級アンプと違いAVアンプは、公称出力よりパワーが無いように感じます。5.1chまでスピーカーの数量を減らしましたが、状況の改善には至りませんでした。一番良い
9月
25 (金)
放置をしていた付録の箱を、久しぶりに試聴しました。ダブツキ気味に感じていた低音が、改善されている。製作してから2週間の時には、低音の量感が増えすぎて箱の作り直しをしなければと考えていましたが、付録にそこまでしてと思い留まっていました。違った意味で判断は正解でした。低音が落ち着けば、音全体のバランスは良くなります。以前から理由はよく分かりませんが、放置しているとたまに音が良くなってる箱がありました。
9月
24 (木)
実験でTangBand 8cmフルレンジ【W3-1878 】+TangBand10cmフルレンジ【 W4-1879】をコラボさせて鳴らしてみました。この実験を試みたのは、10cmのW使いを相互干渉の影響を考えてのことでした。漫画図は簡単に書けますが、相互干渉での高域の劣化などあります。 だめですね。単体の方が遙かに音が良いですね。W4-1879のペアーはデッドストックとします。やはり、20cm級に目を向けた方が良さそうです
9月
24 (木)
フロントスピーカーのセンターに鎮座しているオブジェ?・・・・音響グッズ?このオブジェ?は、効果があるのか?疑問に思う方も多いと思います。スピーカーの位置より後ろのセンターに設置すると、定位、音の広がりが向上する効果があります。以前は、サーロジック社の初期のLvパネルを衝立上にしてスピーカーのセンターに設置していました。(余って部屋の外に放置したLvパネル)このパネルの設置は、サーロジック社の推薦の