TOP  >  日記  >  N.H  >  ユニット  >  折り目の残ったセンターキャップの補修

N.H さんの日記

 
2017
6月 5
(月)
21:53
折り目の残ったセンターキャップの補修
本文

88solを誤って落とし、その際に真ん中が小指に刺さってへこんでしまいました。
裁縫針で修復を試みましたが限度があります。ネットで調べてもなにもない。
そこで思いついた補修方法です。
使用するのは内装用パテ
いくらかマシになりました。
このパテはフワフワして軽いので、音質には影響が少ないと思われます。

画像1

画像2

画像3

閲覧(1229)

コメント一覧

投稿ツリー


たてちゅう  投稿日時 2017/6/5 22:05

私は紙絆創膏を張り付けて、
ゆっくり引っ張りながらはがして補修してます。

古舘@横浜  投稿日時 2017/6/6 5:18

埃などを取り除いてから、徐々に強い接着剤の物に変えていくのが基本ですが、最終的にはブチルゴム系の強力両面テープをR状にして少しずつ引っ張れば、大抵の物は直ります。

フワフワしているという事ですが、センターキャップから高域を放射していますので、吸収を避ける為、出来れば何も塗らない方がベターです。
FE系は軽い振動板が特徴ですので、少しでも軽い方が影響は出難いです。

N.H   投稿日時 2017/6/6 6:18

88solのセンターキャップは、紙の繊維でがっちり固まっていて、テープで引っ張っても、表面の紙の繊維がほぐれてはがれるだけでした
そしてへこみを引っ張り出すために、仕方なく裁縫針を少しさしてテコで引っ張り出しましたが凸凹は残りました
(2枚の写真は修復前と修復後ですが、写真の修復前はへこんだとこを引っ張り出した後です)
紙が折れ曲がったクセが残ってしまって、これ以上の修復はあきらめていましたが、パテで形を整えてみたわけです。
凸凹が減ったので、いくらか音の放射が改善されたかもしれません



新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

ログイン

E-mail

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

携帯アクセス

QR_Code.jpg
http://bit.ly/dDcMxt (www.enbisp.com)

画像表示

N.H さんの日記 [ランダム画像]

83sol TLS つや消しクリアラッカー塗装の磨き上げ
これが磨き上げた後の写真となります。 ...

83solBHBSのアレンジ 03(完成)
面取り、開口部の穴あけが済みオスモカラーを塗装しています。...

ラッカー仕上げの音 箱は振動していたらしい
手前側がラッカー仕上げ、奥がラッカーをしていないもの。 写...

石田式BHBS 02 88sol作成(1)
ダクト周りに補強らしきものをしてみました。 ...

83sol TLS つや消しクリアラッカー塗装の磨き上げ
ランダムサンダーに切り取ったスポンジヤスリ3000番を張り...

バスレフ内部補強の撤去
両側面に幅35mm、厚み15mmに穴をあけたラワン合板の補...

お椀ダクトスピーカー 最終結論
吸音材はニードルフェルトとホワイトキューオン(フワフワ)を...

お椀ダクトスピーカーの調整
ラワン合板は鳴きが止まりにくいとのことで、補強をしました。...