タグクラウド(登録数順)

TOP  >  日記  >  KO球  >  塩ビ管SP  >  <作品名>KO-9

KO球 さんの日記

 
2015
6月 7
(日)
15:40
<作品名>KO-9
前の日記 カテゴリー  塩ビ管SP
タグ 
本文

<作品名>KO-9

使用ユニット:Scan Speak 5F/8422T03 (2013年Stereo誌8月号付録)

筐体に塩ビ管(VU100 長さ50cm)を使った、バスレフ方式の塩ビ管スピーカーです。

塩ビ管の両端に同一ユニットを取り付け、基本は、並列・同相で接続。

片側のユニットだけ前面を密閉箱で覆いASW方式とし、低音のみダクトから放出することで、低音の音圧を稼ぎます。

2本の同じユニットを、同一筐体内の同軸上に対向設置することで、トランジェントの優れた低音が得られます。また低音の質感も、同一ユニットで統一されるので違和感がありません。

ダクトの位置は、両ユニットとの距離が等しくなる、塩ビ管のセンターとしました。これは、両ユニットの力が等しく働き、且つ、位相ズレも防ごうという考えからです。

また、上向きユニットの場合、リスニングポジションでは水平方向に360度広がる音を聴くことになるので、ダクトの位置もそれにちなんで、円周(水平)の4か所、90度ごとに設置しました。

基本は縦型(写真1)のユニット上向き設置ですが、接続を変更して波動スピーカー(写真2)としても使用できるように、内部配線を施しています。

波動スピーカーとして使用した場合、余ったもう1本の両ユニットの前面を密閉箱で覆い、接続もL/Rとすれば、波動ASWウーハー(勝手に命名)となります(写真3)。この際、ダクトの共振周波数をメインより低くとっても面白いかと思います。

また、このシステムでは最初から波動スピーカーが2セット存在することになるので、4Ch再生も可能です。

YouTubeもどうぞ・・・

http://bit.ly/1F2mHnX (www.youtube.com)

画像1

写真1

画像2

写真2

画像3

写真2.1

画像4

写真3

閲覧(2867)

コメント一覧

投稿ツリー


たてちゅう  投稿日時 2015/6/7 16:55

KO球さん
オフ会では大好評でしたね!
今後の参考にしたいと思います。

KO球  投稿日時 2015/6/7 17:51

塩ビ管作品第1号機として、一応記録として残しておこうと思いまして・・。



新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

投稿者

KO球 さんの日記
アクセス数: 86460 



カレンダー

«前の月次の月»
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930