TOP  >  日記  >  N.H  >  スピーカー製作  >  83solBHBSのアレンジ 03(完成)

N.H さんの日記

 
2018
4月 9
(月)
00:42
83solBHBSのアレンジ 03(完成)
本文

木材が届いたので、一気に完成させました。
音質ですが、1日経過して落ち着いて音を聞いてみると、一言で言うなら、高音スッキリ痩せ気味の美音系。
リップノイズあたりの音が前に拡散し張り出してきてハイ上がりです。
クラシックやジャズはいけるけど、パフュームを聞くと高音の情報量が多すぎて低音が薄くアンバランスでした。

ところが、隣に大型BHBSを置くと低音の痩せ具合が改善されます。どうしてでしょうか。

同じユニットでBHBSとダブルバスレフとを比較すると、BHBSは高音がスッキリ伸びて聞こえます。低音の質の違いで音のかぶり方が変わるのでしょうか。

画像1

左の板はマホガニーの無垢板でバッフル面に使います
右の板はタモの集成材で下に貼ります。

画像2

面取り、開口部の穴あけが済みオスモカラーを塗装しています。
ピンボケしていますね、、、

画像3

完成しました。
ラワン合板とマホガニー、タモ材のハイブリッド構造です。
マホガニーの無垢は厚みは1cm 音にいい影響が出ているといいのですが。

画像4

これが前の状態です、、、

閲覧(989)

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

ログイン

E-mail

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

携帯アクセス

QR_Code.jpg
http://bit.ly/dDcMxt (www.enbisp.com)

画像表示

N.H さんの日記 [ランダム画像]

TLS 01 83solの仕上げ
グリルはお椀ダクトスピーカーからの流用です。 シナ合板は染...

83solBHBSのアレンジ 04
第一空気室の容積を逆に減らしてみました。 トライアンドエラ...

石田式BHBS 103sol の作成
こちらが図面です。 freemanさんの図面と比較してみる...

石田式BHBS 02 88sol作成(2)
スロート面積調整後の開口部です。 開口部は小口にパテを塗り...

お椀ダクトスピーカー 最終結論
ネットにあったアルペア5用のTLSを丸コピーです。 三角が...

83sol BHBSとバスレフ、TLSとの比較
同じバスレフ形式でも箱の大きさとユニットを変えるとなかなか...

オラソニックフルレンジ バスレフ
箱についてですが、色はライトグレーでウレタンクリア仕上げで...

お椀ダクトスピーカー アレンジ
楕円の板に突起物、そしてダクトの奥にニードルフェルト6gを...