TOP  >  日記  >  N.H  >  スピーカー製作  >  ラッカー仕上げの音 箱は振動していたらしい

N.H さんの日記

 
2017
7月 14
(金)
07:30
ラッカー仕上げの音 箱は振動していたらしい
本文

シナ合板、オスモカラー仕上げと、その上にラッカークリアつや消し、1200番のヤスリ仕上げ(ランダムサンダー)で比較してみました。
一応反射音の比較もしましたが、ラッカー仕上げのほうがクリアな反射音になります。

画像1

換気扇を増設し、塗装を行います。はやる気持ちを抑え切れずにラッカーが乾かないうちにヤスリがけをしてしまい、一部塗装面が変に削れてしまいました。

画像2

手前側がラッカー仕上げ、奥がラッカーをしていないもの。
写真では差がわからないですが、
ラッカー仕上げは手触りがつるつるです。

画像3

奥側がラッカー仕上げ、モノラルで比較試聴しました、まあまあ音に違いが出ます。
反射音での比較からだいたい予想はついていましたが、ラッカー仕上げは高音が立ち上がって、それでいて品があるうるさくない響きです。
ラッカー仕上げしていないものは音が少し雑に聞こえます。
箱の表面の仕上げが、スピーカー全体の音質にどれだけ影響するかの検証でもありましたが、まあまあ影響するという結果でした。

箱に普通にユニットをねじ止めしただけなので、箱がユニットの影響で振動していて音質に影響を与えていたと考えると、ユニットの固定のやり方次第では、箱の振動の影響を少なくすることができるかもしれません。

閲覧(2057)

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

ログイン

E-mail

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

携帯アクセス

QR_Code.jpg
http://bit.ly/dDcMxt (www.enbisp.com)

画像表示

N.H さんの日記 [ランダム画像]

83sol BHBSの調整
103sol BHBS 内部構造 この構造は、上下逆さまに...

カッティングシートの音質への影響
好きな音楽を流し、後ろのスピーカーコードを抜き差しして比較...

お椀ダクトスピーカー アレンジ
ウォルナットの突き板を張りましたが、音質はやや高音が伸びた...

石田式BHBS 02 88sol作成(1)
ダクト周りに補強らしきものをしてみました。 ...

83sol BHBSの調整
そしてインシュレータの追加 これが功を奏して より低音が出...

WINDOWS10 ピークリミッター解除!
DACはオペアンプが換装できる DAC-X6J です 前面...

様々な表面の板 反射音のレビュー
パイン材オスモカラー仕上げ 高音にツヤはあまり乗らないが、...

石田式BHBS 02 88sol作成(1)
音道の幅は140mm 空気室は約3リットル 空気室に斜めの...

83solお椀ダブルバスレフの作製
6.4リットルバスレフとお椀ダブルバスレフを比較してみまし...