TOP  >  日記  >  N.H  >  スピーカー製作  >  TLS 01 83solの仕上げ

N.H さんの日記

 
2017
6月 22
(木)
19:53
本文

トランスミッションラインスピーカーを作成しました。
使用した板材は12mmシナ合板です。
仕上ですが、カンナとヤスリで平滑にしたあとに、ワシンの水性ポアーステイン ウォールナット色で2回染めました。
その後、オスモカラー ノーマルクリアで仕上げました。

追記
音の傾向は、中高音がユニットそのままの音で出てくる感じです。
内部の渡り棒による補強ですが、両側面は撤去し、前面背面に渡り棒による補強をしています。キレがあり低音も出てきていい音になりました。

画像1

グリルはお椀ダクトスピーカーからの流用です。
シナ合板は染めることができていいですね。

閲覧(1972)

コメント一覧

投稿ツリー


たてちゅう  投稿日時 2017/6/22 20:07

完成おめでとうございます!
カッコイイデスネ!!

N.H  投稿日時 2017/6/23 12:03

たてちゅうさん
ありがとうございます。



新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

ログイン

E-mail

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

携帯アクセス

QR_Code.jpg
http://bit.ly/dDcMxt (www.enbisp.com)

画像表示

N.H さんの日記 [ランダム画像]

オペアンプ遊び
これは TOPPING D-20 のオペアンプを外したとこ...

83solお椀ダブルバスレフの作製
6.4リットルバスレフとお椀ダブルバスレフを比較してみまし...

竹炭コーキングバスレフの作成
近所の島忠ホームズにて板を購入、カットもしてもらいました ...

83sol BHBSの調整
103sol BHBS 内部構造 この構造は、上下逆さまに...

お椀ダクトスピーカーの調整
ラワン合板は鳴きが止まりにくいとのことで、補強をしました。...

石田式BHBS 02 88sol作成(2)
スロート面積調整後の開口部です。 開口部は小口にパテを塗り...

W4-1337SDFバスレフ
内部配線はQEDのm 1000円くらいの銅のより線ケーブル...

お椀ダクトスピーカー アレンジ
これが不思議なのですが、ダクト内に突き板を貼ったら静けさが...

オペアンプ遊び
これがYS1です ...

83solお椀ダブルバスレフの作製
穴の高さを間違えた、、、 ...