TOP  >  日記  >  N.H  >  スピーカー製作  >  お椀ダクトスピーカー カッティングシート貼り

N.H さんの日記

 
2017
6月 12
(月)
07:29
お椀ダクトスピーカー カッティングシート貼り
本文

小さいことが取り柄のお椀ダクトスピーカー、外観をなんとかしたいということで、初めてですが、適当にカッティングシートを貼ってみました。まずは小さいスピーカーで練習ということです。

カッティングシートはホームセンターで1m 1880円 1m購入、後から気がついたのですが10cm単位で購入可能でした。
ラワン合板に粘着シートを貼っても粘着強度が足りないと思いボンドを使いました。
シートは塩ビ製のため、ボンドで接着可能とのこと。

音質ですが、ちょっと荒っぽい高音ですが、女性ボーカルのときにその荒っぽい高音がいい方向に働くようです。

画像1

これが貼る前です。

画像2

全体のヤスリ掛けを行います。
今回からはカンナを買ったので併用していきました。そしてボンドを均一に伸ばします。このあとカッティングシートを貼ったのですが、小口のデコボコがシートの上から目立ったのでやり直しました。
シートは広めに買っておいた方がいいかも知れません。

画像3

カッティングシートは10分くらい時間がたっていてもはがれました。
ボンドが乾くのに時間がかかるようです。
小口に木工パテを塗りヤスリ掛けをしてボンドで貼っていきます。
これでも少し小口にデコボコがありました。よりデコボコを減らすなら、サンディングシーラーを塗ってヤスリ掛けをする必要があると思います。
今回はそこまでやりませんでした。

ここで注意、デコボコが気になり剥がして張り直すと、ラワン合板の細かい破片がシートに張り付き、それ自体がデコボコの原因になります。
張り直しは最小限にしなくてはなりません。
サンディングシーラーで下地処理していれば、木片が剥がれることもないでしょう。

画像4

貼ったらタオルを敷いて逆さまにして固定します。上下の面に貼っていきました。
だいたい乾くのに6時間くらい
それを3回行います。
(写真は上の面を貼る前)
乾いたら、裏から余っている部分をカットします。
誤って木材の角部分まで切らないよう注意しました。

画像5

ほぼ完成です。
ダクト内はこれから塗る予定です。
シートのうえからはねじ穴の場所がわからなくなるので、針で刺してねじ穴の場所を見つけます。
ユニットの上にコイズミ無線で買った8cm用グリル(1個380円)を付けてみました。
こうなると見た目からは83solだかどうかわからないです。

画像6

閲覧(1391)

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

ログイン

E-mail

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

携帯アクセス

QR_Code.jpg
http://bit.ly/dDcMxt (www.enbisp.com)

画像表示

N.H さんの日記 [ランダム画像]

83solお椀ダブルバスレフの作製
内部構造です。 第一ダクトは内径35mm、マークオーディオ...

83sol BHBSの調整
これは、以前作ったBHBSですが、化粧シートを張った後の音...

ラッカー仕上げの音 箱は振動していたらしい
奥側がラッカー仕上げ、モノラルで比較試聴しました、まあまあ...

様々な表面の板 反射音のレビュー
ラワン合板粗め(裏面) 高音が賑やかで、少し散漫 ...

様々な表面の板 反射音のレビュー
パイン材オスモカラー仕上げ 高音にツヤはあまり乗らないが、...

オラソニックフルレンジ TLSに変更
最終的にウレタン2液のクリアーで仕上げました。 デザインも...

石田式BHBS 103sol の作成
こちらが図面です。 freemanさんの図面と比較してみる...

83sol パッキンを自作するが
バスレフにつけてみました パッキンの有る無しで音質を比較し...

カッティングシートの音質への影響
好きな音楽を流し、後ろのスピーカーコードを抜き差しして比較...