古舘@横浜 さんの日記

 
2017
5月 19
(金)
02:52
本文

何気なくAmazonを見ていたら、DACが出ていたのだが、値段を見てビックリ。価格は送料無料で556円。
一般に安いDACは48kHz16Bitが最大レートの物が多いが、レビューを見るとこの機種はシーラスロジックのレシーバー(CS8416)とDAC(CS4344)を使用しており、スペック的にはどちらも192kHz、24Bitの物を使っているらしい。ただ、レシーバーの回路の問題で96kHzまでしか動作しない様だ。それでもCDやDVDのクォリティーを大幅に上回っている。
SpecにもSampling rateは32,44.1,48,96kHz対応で24Bit と書いてある。

円高傾向なら更に安くなるが、無くなる前に速攻でポチッ。この値段ならダメ元で失敗しても笑って済ませられる。

という事で、発注から到着まで14日掛かったが、この手の物は中国本土から送られて来るので時間が掛かるのは仕方がない。14日なら早い方で、1か月掛かるのもザラだ。
それよりも送料込みで556円で買えるのに、Small Packet by Airと航空便で送られて来て、その送料が14.99USドルと書いてある。売値の3倍の送料が掛かっているが、どのような仕組みで利益を出しているのか理解に苦しむ。
カスタマーとしては安く買えて有難いのだが、複雑な心境。

手元に送られて来たのは想像していたより小さいDACと商品説明にはどこにも付属とは書いていなかったがACアダプターも入っていた。

今まではCDレコーダーから光ケーブル1本でアンプに接続していたのだが、同軸デジタル出力から今回のDACを通してアンプのRCAピンの外部入力に繋いでみた。
アンプの入力を切替える事でCDR内蔵のDACと外付けのDACの比較が出来る。

結果は今回のDACのアナログ出力レベルが若干低く、比較には不利な条件であるが、ノイズも無く、音質劣化は感じなかったので、十分使えると思う。
暫く聴いてみたが、私の耳では音質に不満は無かった。

外観は小さく手の中にすっぽり入ってしまう。(私の指は太くて短いです)
IMG_1487v.jpg
アマゾンのギフトカード(クレジットカードと同サイズ)と比べても遥かに小さい。
IMG_1484v.jpg
付属のACアダプターは5V0.7Aのスイッチングレギュレーターだが、シリーズレギにすれば音が良くなるかも。
IMG_1475v.jpg
電源は5V の単一入力。USBは無いのでバスパワーなどは出来ない。

画像1

デジタル入力はToslinkと同軸の2種類

画像2

出力はRCAのピン(L+R)

画像3

ネジ一本で入力端子側のカバーが外れる。基板はこじんまりと纏まっている

画像4

出力端子側のケースに基板がネジ止めされている

画像5

出力端子側のケースにネジ止め用のナットが溶接されているのが分かる

画像6

ケースの内側にはススに見える汚れが有るが簡単には落ちないので油汚れの様だ

画像7

344C 1644と書いてあるが、これがシーラスロジックのレシーバー CS8416なのか?下は文字が読めないが、恐らく電源用の3端子レギュレーターか?

画像8

DACと思われるLSIだが何も書いていない シーラスロジックの CS4344なのか?

閲覧(300)

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

OpenIDログイン

サイト内検索

画像表示

古舘@横浜 さんの日記 [ランダム画像]

便利グッズ その2
表示部。0.05度の分解能で、誤差も0.2度以内と高精度。...

オフ会スピーカー5
下側がバッフル側から見た空気室とスロート部分。上が横から見...

ホールソー入手
ホールソー及び桟には油性マジックでサイズを記入して直ぐに目...

オフ会スピーカー7
ディスクグラインダーにサンディングディスクを装着して効率良...

2014年度 STEREO誌 コンテスト作品 その5
端子板に仮組みしたネットワーク。取り敢えずLPF、HPF共...

マルチアンプ化への第一歩
NU1000DSP。110Wのアンプが2チャンネルとUSB...

STEREO誌コンテスト用スキャンスピーク5cmTQWT
仮箱とは20mmの差で大分印象が変わる ...

オフ会スピーカー4
ヘッド部サイドからの図 ...

投稿者

古舘@横浜 さんの日記
アクセス数: 1282797 



カレンダー

«前の月次の月»
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

新着日記

新着コメント