ESコーン anchor.png

(Fostexのサイトより転載:07/01/10--なーお)
 ESコーンの原料となる植物は芭蕉の仲間に属する多年生植物です。
 芭蕉類から取れる繊維は、細く、長くしなやかで物性の良好な物が
得られます。この繊維の特徴として、繊維に澱粉質を含み、この
澱粉質が繊維同士の決着を強固にし、従来のパルプにあった繊維同士
 の擦れによる雑音(紙臭さ)が極めて少なくなる点があります。
しかしこの澱粉質によって、コーン紙の抄紙成型が難しく、コーン紙
として利用することが出来ませんでした。 この問題を日本の伝統的
な和紙製造技術を応用し、コーン紙の開発に成功したものです。
 ESコーンは繊維が細くしなやかで、繊維同士が良く絡み合い、繊維の
断面形状が幅広で、アスペクト比が高いため、非常にロスの少ない
振動板となり、情報量が飛躍的に増大しました。


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 1735, today: 1, yesterday: 1
初版日時: 2009-05-17 (日) 08:24:23
最終更新: 2009-05-17 (日) 08:24:23 (JST) (3320d) by 庶務係