第1回関西オフ anchor.png

  • 日時 2004年 9月28日、29日
  • 主催者 suisyu
  • 参加者 suisyu、 nakamoto、 BISケット
  enbi.gif
コメント(読みにくい 時は文字のサイズを小にして下さい)
suisyu さんの塩ビ管スピーカー
http://www.enbisp.com/modules/works/index.php/enbi/suisyu6.jpg
このたびsuisyuさん主催によ るオフ会の報告を頂きましたので皆さんにご紹介致します。suisyuさんありがとうございました。尚、今回管理人の私は金欠病のため欠席とさせて頂きました。(^^ゞ
また、管理人主催によるオフ会は来年あたり目標にやってみようかな?とは思っております。その節には皆様宜しくお願い致します。m(__)m


28日、29日オフ会の報告をいたします。


8月28日
私 suisyuと nakamotoさんと BISケットさんの三人が集まりました。
男性とだけしか判らないもの同士が、集合場所 で果たして出会えるのか?
少しだけ危惧があったのですが、案ずるより安しで、なんなくあっさりと出会いを果たしました。
考えてみれば簡単なことで、そこには他府県ナンバーの車が三台集まったわけですぐに見分けがつきました。
そんな訳で一時に集合を果たし、そこから10分ほど走って、
BLUE LIGHTS」に着きました。
お二方はあまりJAZZは聴かないとのことでしたが、その装置のすごさ、自作の究極には堪能なさったかと思われます。

土曜日だというのにまだ開店早々なのか、女性二人と男性三人の二組が
おられて、われわれ三人が加わったというところでしょうか。

その二組も帰り我々だけになったときに店主がやってきて言うのには、あの男性たちは岡山、広島から連れ立ってきているという事でした。
それより関心を惹いたのは女性二人組(年配50から60代)は東京からやってきて新幹線の駅からハイヤーでどう行けばいいですか?と電話してきて、それはあまりにも遠いので電車を教えバスを教え、
家内が停留所まで迎えに行ったとのことでした。
ふらりと旅に出て、目的は地方のJAZZ喫茶、なんと青春していることか!。
青春しているというより焦がれるばかりに懐かしんでいるその心境が私には解り過ぎるほどに解ります。

キースジャレットのケルンコンサート。彼女たちがリクエストしたものでした。

さてわれわれです。
予定ではこれで本日は終わりなのですが、nakamotoさんが明日29日は車の都合がつかないので、不参加との事でした。
せっかく集まったのにこれだけでは残念なので、急遽suisyu宅へ来て頂くことなり、汚い自室で音を聞いて頂き、nakamotoさんの計画中の設計図の
拝見をしたり、日頃のうんちくをお聞かせ頂いたりして終了としました。

29日はBISケットさんが自作スピーカーとアンプ、プレイヤーをお持ちいただき、日頃お聞きになるCDを聴いてゆったりした、楽しい時を過ごしました。

スピーカーは「音を聞かなきゃ始まらない」という気持ちは変わりませんのでまたこのような機会を作りたく思います。


そしてその後のおお二人からのメールです。

<ナカモトさんからのメール>

オフ会有難うございました。

昨日は楽しい一日を過ごさせていただき、有難うございました。
スピーカーにかぎらずクラフトの楽しさ計り知れないものがありますね。
これからまだ世に出ない私のスピーカーをああでもないこうでもないと仕事のかたわらにも鉛筆を走らせることでしょう。
アグロの店長に材料頼まにゃいかんし(お金の工面と山の神への言い訳も)難題山積みですが、頑張りますので、ご声援お願いします。
未だ見ぬ奥様と猫ちゃんとBISケットさんによろしく。 ナカモト

<BISケットさんからのメール>

どうもありがとうございました。

BISケットです。昨日は大変貴重な時間を持たせていただきましてありがとうございました。
本当にご自宅にまで乗り込んでしまい、今さら私のおんぼろスピーカー
お聞かせする事もなかったのかなと、反省しております。

さて以下感想です。失礼なことも書いていると思いますがたわごととお聞き流し下さいませ。
また、お手数ですが院長先生にもよろしくお伝え下さいませ。
 
suisyuさんの音を拝聴しやはり今は、Yoshii9風路線でいこうと思いました。
タイムドメイン理論の基本に乗っ取って作れば、80万円を越えるメーカー品と同じ感覚で聞き比べしている事も忘れてしまうSPが作れると言うことです。
特に16cm級塩ビ管スピーカーには恐れ入りました。
物量はもちろんメーカー品にはかないませんが、アイデアではセミプロ級ですね。あのコントラバスマリンバでも破綻することなくと言うか体験したこともないような音が出ていました。

そしてオーディオ的に良くて、音楽的にもいいのがこのSPの不思議なところですね。
長岡鉄男さん推奨のA級外盤を次々とかけましたが、普通、3時間以上あんなことをするともうへとへとでしばらくは、アンプのボリウムにも触りたくなくなるのですが、今回はウキウキ気分でご帰宅?することが出来ました。もちろんダルな音ではなく、ハイスピードでありながらなのです。

一方、私の方のSPと言えば、いい加減な作りが災いし?音量を少し上げた
だけで直ぐに破綻してしまいました。きびしいソースにも全く反応出来ず、
お恥ずかしい限りでした。
6畳の小音量でチューニングしていたのでは、人様にご紹介するなぞもってのほかですね。
しかし、「6畳間オーディオ」の需要も多いのではないかと一人思っていますので、今後もYoshii9の軽薄短小版路線を引き続き模索してみたいと思っています。
帰宅した愛機?がご機嫌で鳴っているのを聞くと「次の試作でばらしてしまうのか。。」と変な愛着がわくもんですね。
 
作りやすく安価でコンパクトそして、音のことをあれこれ気にしなくてもいい「音楽SP」がいいですね。安さにこだわりますが趣味としては結構高級?なのかも知れませんね。

以上、あんたは評論家か?と怒られそうですが率直な感想でした。


<suisyuさんからのお返事>

Re: どうもありがとうございました。suisyu]

2日もお付き合いいただき、楽しい時間を過ごさせて頂きました。ありがとうございます。
いろいろな人の自作の音を実際に聞いてみたくて呼びかけたオフ会でしたが、音だけではなく、その人の趣味、いわばその音のソースをも含めて知ることが出来たのは望外のことでした。
バロックから現代音楽までほんとうに厳選されたいいものを選んでおられます。
あなた様ならなおさらに、既成品ではなく自分で自分の音を作り出さなければ満足できないのではないかとも思います。ぜひ完成を目指してください。

本日我慢が出来なくて、急遽日本橋に88-SRを購入に行ってしまいました。
明日接着が固まれば組み立て視聴です。
どんなものなのかわくわくしています。
いずれ又あなた様に視聴していただく機会もあるでしょう。
その時を楽しみに再会を果た しましょう。
                                    
suisyu


とりとめのないものですが以上がご報告です。
ナカモトさんの塩ビ管スピーカー
http://www.enbisp.com/modules/works/index.php/enbi/nakamoto1.jpg
BIS ケットさんの塩ビ管スピーカー
http://www.enbisp.com/modules/works/index.php/enbi/toba1.jpg


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 1511, today: 3, yesterday: 0
初版日時: 2010-03-24 (水) 14:21:41
最終更新: 2010-03-24 (水) 14:32:04 (JST) (3009d) by 庶務係