TOP  >  日記  >  スピーカー製作  >  ホーンスピーカー

日記一覧

当サイトに登録されている日記一覧
3件のうち1 - 3件目を表示しています。

2月
6 (火)
上下のカーブが二組出来上がったら側板と接着すれば形になるのだが、弧になっているので接着後にクランプを掛ける事が出来ない。 そこで、これ用に最初にカットした際の余り板で治具を作った。 これによりしっかり圧着が可能になった。 しかし、どうあがいても左右兼用にはならないので、結局は右側用と左側用の二つを作る事になった。 側板の片側を接着して乾燥後、90度ずれた、もう片側も接着しようとすると、側...
コメントあり 3  |  続きを読む |  閲覧(1685)
2月
4 (日)
ウッドホーンに適切な材料は有るのだろうが、今回は以前に使ったシナ合板が余っていたのでそれを使った。 理由としては余った板の活用という点は当然あるが、シナ合板は柔らかめで加工がし易いのが一番で、合板の加工は経験の有る人は分かると思うが、積層部分を削るのはかなり大変な作業になる。 少しなら電動サンダーで何とかなるが、ホーンに整形するにはかなりの部分を削る必要が有るので、電動工具を総動員して加工したが...
コメントあり 2  |  続きを読む |  閲覧(1643)
2月
2 (金)
最近はオーディオに関してはちょっと変わった物をという事で昨年の寒くなって来た辺りからウッドホーンを作り始めた。 ウッドホーンというと超マニアの大きなシステムを思い浮かべる人が居るかも知れないが、数100Hzの中音まで再生するホーンは大きく作るのも大変だし、何より組み合せるウーファーも38cmとか46cmとか巨大なユニットでないと能率などのバランスも取れない。 そこで、小型のウーファーやフルレンジ...
コメントあり 4  |  続きを読む |  閲覧(2478)
3件のうち1 - 3件目を表示しています。



ログイン

E-mail

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

携帯アクセス

QR_Code.jpg
http://bit.ly/dDcMxt (www.enbisp.com)

画像表示

[ランダム画像]

古舘@横浜
STEREO誌コンテスト出品P800DB
ホールソー、ステンレスの薄板タイプでカップタイプに比べて熱...

古舘@横浜
2014年度 STEREO誌 コンテスト作品 その8
冶具に使用したのは20×12mmの角材に18×9mmの角材...

古舘@横浜
ラジアルボール盤
フトコロを小さくした状態 フトコロ最小は90㎜、一杯に下げ...

カノン5D
2017年オフ会の作品
<後日>吸音材を調整したら、φ12mm×1のほうが塩ビEd...

古舘@横浜
オフ会スピーカー9
ヘッド部に取っ手を取り付けた状態。固定は木ネジでワッシャー...

たてちゅう
f特再測定
空気室のダクト1の長さを5cm(直径5cm) ...

古舘@横浜
オフ会スピーカー その8
塗装は時間も無いので手抜きで2回塗りで留めた。 ...

カレンダー

«前の月次の月»
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728

新着コメント