TOP  >  日記  >  古舘@横浜  >  塩ビ管SP  >  MCAP方式進捗

古舘@横浜 さんの日記

 
2009
9月 23
(水)
01:44
MCAP方式進捗
本文

音出ししながらバスレフダクトの調整を行った。
ダクトを交換して視聴と測定を繰返して行くが、結構fdを下げて行っても中低域の落ち込みは無い様だ。
最終的にd1=120mm、d2=120mm、d3=230mm、d4=220mmとなった。
各々の共振周波数はfd1=71Hz、fd2=66Hz、fd3=45Hz、fd4=39Hzと大分低くなった。(この時のf特が画像1)
取り敢えずこれで固定する事にする。

吸音材は主空気室のユニット後ろに120×180mmのろ過マットを1枚のみで副空気室には入れていない。
ダクトがアコースティックフィルターとなって高域成分がカットされているようだ。

ダクト交換の作業中に何度もユニットの振動板を傷付けそうになったのでMCAPの鈴木さん愛用のファンガードを取り付けた。(画像2)
中華街近くのジャンク屋で一枚100円(新品)で売っている。
音質劣化は感じないが、デザイン的には好きじゃないので最終的には取り外す予定だが付けると付けないでは精神的安心度は全然違う。

ついでに買って来た16cm用(画像3)、12?3cm用(画像4)全て100円/個。

スタンドが完成していないので下のダクトからの音を塞いでしまうのを防ぐために斜めに立て掛けたり、床との間に何かで浮かせたりしていたが面倒なのでソケット部分に穴を開けた。(画像5)
Φ32で9個空けたがデザイン的にも気に入った。(画像6)
釣りのリールの軽量化みたいだが、スピーカーは重い方が良いので逆効果? [worried]

オフ会まで1ヶ月となったので、そろそろ外装に手を掛けないと!とホームセンターに塗料を見に行った際にワゴンセールで糊付きの壁紙が半額で売っていた。
張り直し可能である程度厚みも有る様なので制振効果も有りそうなので、塩ビパイプにはこれを貼る事にした。(画像7)
壁紙っぽい色、模様である。(当たり前だが)(画像8)

ソケットチーズの部分は曲線なので色を塗るなど他の方法でデザイン的に合う色を探す予定。

後はスタンド作成とユニット固定方法の実現だ。

画像1

画像2

画像3

画像4

画像5

画像6

画像7

画像8

閲覧(7900)

コメント一覧

投稿ツリー


なーお  投稿日時 2009/9/23 8:38

古舘さん、こんにちは。

チューニングにより、見事な特性になりましたね。 以前よりもパワーも入るようになったでしょうか?

オフ会まで時間があるので、完成を楽しみにしています。

古舘@横浜  投稿日時 2009/9/23 11:13

なーおさん、こんにちは。

3インチとしては結構低い音まで再生してAUDIO BASICの低音チェックでも最低音の32Hzもかなりのレベルで聞こえます。

しかし、パワーはやはり入りません。
ソースによりますが、30?40Hz辺りのレベルが大きいソフトだと極端にパワーが入らなくなります。
定格10W、最大20Wのユニットにそれ以上のパワーを入れているので酷かも知れません。
密閉にして振幅を抑えれば多少は入るようになるでしょうが低音は反比例して出なくなりますし…
ユニットを4インチに変えるとかしないと無理みたいです。(TangBandの4インチだと定格25W、最大50Wになります)

オフ会ではパワーを絞るか、破綻しないソースを選ぶ必要が有りそうです。

時間が有れば100?100のチーズに変更し4インチユニットに変えれば相当改善するとは思うのですが、オフ会までに間に合うか微妙なところです。

使用しているRITS SELECTのRC-80Aは定評有るDIYのSA-F80AMGとフレーム違い(どちらもTangBandからのOEM)みたいですし、音質的には気に入っているのですが。

なーお  投稿日時 2009/9/23 22:04

古舘さん

32Hzも出るんですか。それはすごい。

ダクトチューニング周波数を下げても中低域が凹まないのは、低域に定評のあるユニット特性の効果もあるかもしれませんね。

古舘@横浜  投稿日時 2009/9/24 2:49

なーおさん

32Hzが出るといっても単音で調べると100Hz辺りから15dB程度は落ちています。

ホワイトノイズのf特(画像1)では40?50Hz辺りもそれなりに出ている様に見えますが、単音で調べたらフラットなのは60Hz止まりでそれ以下のレベルは急激に落ちていました。 [worried]

やはり本格的なf特測定システムを構築しないと駄目ですね。
比較は出来るので相対的な評価は出来ますが、絶対的な評価は??です。

マイク(ECM-8000)とマイクアンプの部品は入手済みなので早く組み上げないと :-(



新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

ログイン

E-mail

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

携帯アクセス

QR_Code.jpg
http://bit.ly/dDcMxt (www.enbisp.com)

画像表示

古舘@横浜 さんの日記 [ランダム画像]

2014年度 STEREO誌 コンテスト作品 その6
LCの数値を色々変えながら視聴を繰り返してネットワークを決...

サブウーファー製作再開
20mm厚の板にはターミナルがギリギリの長さなので内側を3...

2014年度 STEREO誌 コンテスト作品 その2
使用するエポキシパテ。サーフボードなどの補修用に10年以上...

オフ会スピーカー12
発表資料の構造図など ...

オフ会スピーカー その6
ネットワークは汎用のユニバーサル基板に組んだ ...

DAC+D級アンプ その後
USBのMiniB端子は手持ちのユニバーサル基板にマウント...

投稿者

古舘@横浜 さんの日記
アクセス数: 2413580 



カレンダー

«前の月次の月»
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930