TOP  >  日記  >  N.H  >  スピーカー製作  >  オラソニックフルレンジ TLSに変更

N.H さんの日記

 
2017
10月 8
(日)
15:04
オラソニックフルレンジ TLSに変更
本文

こないだ買った雑誌の付録のオラソニックのフルレンジバスレフに付けてバランス良好だったのに、最近聞いたら低音が大きい。そこに以前作ったTLS方式のエンクロージャー、この箱は低音があまり出ない代わりに高音が繊細な印象でしたが、組み合わせてみたところちょうど良くなりました。

ユニットの使い始めは音が変化して音質調整の落とし所が難しいです。
しかし箱とユニットの組み合わせで、好みの音質に近づけていくというのは自作ならではの楽しみですね。

画像1

最終的にウレタン2液のクリアーで仕上げました。
デザインも気に入ってます。

画像2

このTLS方式の箱の内部構造です。
12mmのシナ合板、白ラワンが挟まっているため軽いです。だから音は軽め。
後で赤ラワンのを選べば良かったと後悔しました。
シナが貼られているため木目が綺麗ですね。ベタ塗りはせず、ウォールナット色に染めました。

シングルバスレフに比較して高音に立体感があるように感じます。
83solでは張り出す高音と薄い低音のバランスでした。

閲覧(705)

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

ログイン

E-mail

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

携帯アクセス

QR_Code.jpg
http://bit.ly/dDcMxt (www.enbisp.com)

画像表示

N.H さんの日記 [ランダム画像]

お椀ダクトスピーカー 仕様変更
見た目が気に入らず、開口部を広げて音質比較しました。 開口...

83solBHBSのアレンジ 01
ラワン合板では、オイルフィニッシュなんてとてもできません ...

お椀ダクトスピーカー アレンジ
以前はホームセンターで売っていた化粧シートを貼りましたが、...

スピーカーケーブルの交換
実は少しリッツ線側が短くなってしまったのですが気にしないこ...

83solBHBSのアレンジ 04
先ずは、もともとの設計を尊重し、調整した音道のリセットを行...

W4-1337SDFバスレフ
容積は6.4リットルほど。 15mmのラワン合板、ラッカー...

W4-1337SDFバスレフ
内部配線はQEDのm 1000円くらいの銅のより線ケーブル...

83solBHBSのアレンジ 03(完成)
面取り、開口部の穴あけが済みオスモカラーを塗装しています。...

オペアンプ遊び
これがYS1です ...