TOP  >  日記  >  N.H  >  スピーカー製作  >  お椀ダクトスピーカーの調整

N.H さんの日記

 
2017
6月 17
(土)
20:51
お椀ダクトスピーカーの調整
本文

103sol用BHBSの調整がうまくいったことに気を良くして、お椀ダクトスピーカーの調整を行いました。

結果、なーおさんが他の日記の返信でおっしゃっていた内容が、ほぼ合っていたということになりました。
なーおさん返信ありがとうございます。

画像1

スピーカーの内側にカッティングシートを貼って半日置きました。
そして、音出しすると何か膜がかかったような音です。

画像2

思い切ってカッティングを無理やりはがしました。
半日経っても剥がれることに驚きです。
シートの下はボンドが平滑になっていました。
ボンドを平滑に塗りたいときは塗った後にシートを貼って、乾くまで待って剥がすといいです。

音を出してみると、剥がした方が音はスッキリしました。でも本当だろうか。

画像3

カッティングシートの有る無しで比較をしました。有るほうは余計な音が有るように感じました。
なお、小口のカッティングシートは有るほうが好ましく感じたので採用です。

画像4

ラワン合板は鳴きが止まりにくいとのことで、補強をしました。
小さい箱でも効果は有るのだろうかと疑問に思いつつ、前面と背面、両側面に15mmの棒を使用し補強です。

補強後は低音がタイトになり、全体的に引き締まっていながらも軽快な音になりました。

空気室の振動対策は重要ですね。

閲覧(1240)

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

ログイン

E-mail

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

携帯アクセス

QR_Code.jpg
http://bit.ly/dDcMxt (www.enbisp.com)

画像表示

N.H さんの日記 [ランダム画像]

83sol TLS つや消しクリアラッカー塗装の磨き上げ
ちなみにこのスピーカーの吸音材ですが、サーモウール中心にホ...

83solBHBSのアレンジ 04
足下にアフリカ黒檀のインシュレータ PB-10 を入れ、上...

バスレフ内部補強の撤去
何かできないかと思い、余っていた幅15mmの三角棒を背面の...

オラソニックフルレンジ バスレフ
箱についてですが、色はライトグレーでウレタンクリア仕上げで...

お椀ダクトスピーカー 仕様変更
作業の途中で、楕円型の反射盤がとれてしまいました。 せっか...

お椀ダクトスピーカーの調整
ラワン合板は鳴きが止まりにくいとのことで、補強をしました。...

83solBHBSのアレンジ 03(完成)
左の板はマホガニーの無垢板でバッフル面に使います 右の板は...

83solお椀ダブルバスレフの作製
バッフルの裏側にはテーパー加工実施。 この加工により高音の...