古舘@横浜 さんの日記

 
2017
2月 18
(土)
04:53
本文

工作環境も整いつつある所で早速引っ張り出したのが、買ったままで、ほったらかしになっていたSTEREO誌付属のメタル振動板を使った8フルレンジのM800。
裸で鳴らしてみた時には好印象だったので、ちゃんとした箱に入れてやりたかった。
ユニット自体はバスレフ向きらしいし、FOSTEXの推奨も3.5リッターのバスレフという事だ。
しかし、それでは面白くないのでKenbeさん考案のBHBSで作る事にした。

BHBSはご存じ、正真正銘の匠のKenbeさん考案のバックロードホーンバスレフだが、今回は昨年の11月頃にKenbeさんがFE83Sol用に作った箱を参考に、板取りの関係で若干寸法は違うものの、ほぼそのままデッドコピーした。
KaneyaさんがHPから情報を拾って清書した図面やコメントから細かい所も分かり非常に参考になった。

M800はFE83Solに比べるとマイルドでバスレフ向きだと思うが、BHBSはTangBand等のユニットでも好結果を得られている様なので期待出来そうな予感もあった。
バックロードホーンはBack-loaded HornなのでBHと略すのは問題ないが、バスレフはBass Reflex略すとBRだと思うので、BSと略すのは若干違和感が有るが、KenbeさんがBSとしているので敬意を払ってBSの略を使う)

オリジナルは18亳の(メルクシ?)パイン集成材でバッフルのみ二重になっており、サイズは450×180×318である。

今回の箱は20个離弌璽船ルボードを使う事にした。
この材料は以前にエッジレスウーファーの箱で使ったが、重く密度が高く、若干加工は難しい部分も有るが、スピーカーの箱には適していると思う。税込みで1080円というのも魅力だ。
この板はホームセンター コーナンで買ったが、ここではスマホのアプリのクーポンで10カ所までカットが無料なのだが、この板はパネルソーの刃が痛むらしくカット対象外。そこで車に積み込むためには自分でカットしなければならない。しかし最近、木材売り場に併設する工作室で自由に電動丸ノコが使える様になったので、そこを利用した。
しかし、今回の様に無駄無く材料を使う為には置いてある丸ノコの垂直出しや、適度な丸ノコガイドなどを用意しないと無駄な部分が出てしまう。幸い、平日の昼間の空いている時間帯に行ったので落ち着いて作業出来たが、丸ノコの垂直が若干狂っていて少し斜めになってしまったので、修正が必要になり、予定より1〜2仂さくなった。

バーティクルボードのサイズは1820×600个埜みは20个如定尺(1800×900)なら1枚で箱2台分は楽に取れそうだが、600个任麓禊蛎りない
2枚使うのは無駄が多いので、オリジナルとは寸法を少しずつ調整して、何とか箱の上下左右前後の表面部分を1枚で2台分確保し、僅かな残りで内部のホーン出口付近の斜めになる部分、空気室の容量調整に使った。
それで足りない空気室周りの内部構造の部分は手持ちのt12のラワン合板を使った。これもホームセンターで端材として売っていた板で、全部合わせても100円ちょっとで安上がりで済んだ。

…という事も有り、バッフル部分はオリジナルは2枚重ねだが1枚にして、最終的には450×186×296のサイズになった。変更点としては内部の幅が140个紡个靴146弌奥行きが264に対して256弌高さはほぼ同等。他には空気室の後ろが容量調整で空洞になっているのが若干抵抗が有ったので余り板で空洞無く埋めたのとスロート部が三分割されていたのを材料の厚みの関係で四分割しているが、基本構造、寸法はほぼ変わらない。
構造寸法図
M800BHBS.jpg
バーティクルボード板取図
M800BHBS-2.jpg

板取りなど一通りの設計が済むと、後はテーブルソーの出番でスイスイとカットする。
同じ寸法の所はガイドを動かさないで一度にカットする事で相対精度を上げる事が出来る。
ホーン出口付近の13度の斜めカットも、音道を滑らかにする角の補強材の45度のカットもあっと言う間に完成。
IMG_1249v.jpg
バッフルの穴開けもダクトのVU65用にはΦ76のホールソー。
IMG_1244v.jpg
M800の開口部はΦ79というスペックだが、実際にはΦ78なのでΦ75のホールソーで穴を開けて、トリマーで1.5个鮨爾3从錣辰豆78にした。
IMG_1246v.jpg
IMG_1252v.jpg
どちらも材料をクランプで押さえているので、ノータッチ。回転状態で写真が取れる。
固定には付属の木ネジは使わず、しっかり締められる爪付ナットを埋め込んだ。ユニットの固定穴が長円なので、その外側に合わせて穴を開ける事で爪付きナットの裏側がが開口部に出て来る事は無い。
IMG_1254v.jpg
材料が揃ったので仮組して確認。
IMG_1274v.jpg
良さそうなので早速組み立てに入る。接着には木工ボンドを使用しているが、一生使っても無くならないと思っていた3リッターの容器が割り箸を使わないと届かなくなっている。
以前、速乾性のボンドも使ったが、クランプで締め付ける際にズレたりしてそれを手直ししている内に固まって動かなくなってしまうので、不器用な私には若干乾くのが遅い一般の木工ボンドが合っているようだ。
空気室周りの組み立て
IMG_1266v.jpg
SP開口部からホーンのスロート部分。コードはスロート内を通す。
IMG_1269v.jpg
スロート入口には補強とスムーズなエアフローを狙って斜めに板を入れたが、良くなるか悪くなるかは分からない
IMG_1270v.jpg
ターミナルは透明樹脂フルカバーの高級そうに見えるロングタイプの金メッキの端子を使った。
今や、Amazonで赤黒2セットは送料込み1000円以下で手に入る。ペアで数1000円の物と品質は遜色無い。
11
ホーン出口付近の斜めのカットはテーブルソーで正確に加工出来るので、エア漏れも無くなる
IMG_1263v.jpg
空気室の容量を変えて試してみたかったので、最後の側板はクランプで押さえて音出し。
IMG_1274v.jpg

音出しはメインのスピーカーの右チャンネルだけ外してそこにM800BHBSを繋いだのだが、低音が出るのは左チャンネルのメインのスピーカーも鳴っているので、そのせいだと思っていたが、そうでも無い様でかなりの低音が出ている。
注意深く聴いてみると、8僂バスレフダブルバスレフでは出ない帯域が出ている。

流石にKenbeさん設計だけあって、ローエンドの伸びは半端じゃない。
FE168EΣの自己流BHBSはどんなにダクトを弄っても50Hzまではフラットに出来るが、それ以下はどうしても伸びなかったのが、何もせずに出ている。
簡単な構造、短いホーン、小さなスピーカーでどうしてこんなに重低音が出るのか不思議で理解出来ない。
試しにPAA3でf特を測定したのがこちら
M800BHBS 1st.jpg
30Hzがかなりのレベルで出ているのは衝撃だった。恐るべし、BHBS。

空気室に物を詰めてちょっと空気室を小さくしてみたのだが、私の耳では殆ど変わらないのでそのまま側板を接着して作ったそのままにする事にした。もう片チャンネルを組んで早くステレオで鳴らしてみたい。

閲覧(659)

コメント一覧

投稿ツリー


kenbe   投稿日時 2017/2/18 12:07

石田式BHBSを使用していただきありがとうございます。

横幅を少し変えたりするとそれなりに音の違いは出ます。
バスレフ用のユニットは箱が小さく済むので経済的だと思います。
BSは、長岡式バスレフの記号がBSとなっていたので、パクッてBSにしていました。
BHBSの名前に賛否両論があるようなので、石田式BHBRに改名しようか、真面目に考えています。
15cm級の石田式BHBRは、次元の違う低音が味わえます。
ステレオでの感想を楽しみにしています。

古舘@横浜  投稿日時 2017/2/18 13:06

石田さん
コメント有難うございます。
お礼を言うのはこちらの方です。
幅が4个虜垢任垢、それでも差が出るのでしょうか?
一応、スロート面積が同等になる様に高さ30个29个砲靴燭里任垢…
呼び名は長岡先生の命名だったのですね。了解しました。
呼び名よりも出て来た音の方に感激しました。
今までかなりの数の8僂糧△鮑遒辰突茲泙靴燭、低音再生能力は群を抜いています。
石田式BHBSとユニットとの相性も良かったのかも知れませんね。
ブログを拝見すると15僂BHBSはメインを凌駕するとの事、どんだけ凄いのか想像も付きません。ワンナイトショーが空振りせずに再生したらどんな音なのか未知の世界です。
ステレオになって量感が増えるのか、左チャンネルのメインの音が出なくなって量感が減るのか予想が付きません。

ゲスト   投稿日時 2017/2/18 13:25

4mmでは、ほとんど変わらないと思います。2cm位変わると分かります。

kenbe   投稿日時 2017/2/18 13:26

ゲスト名になってしまいました。(汗)

古舘@横浜  投稿日時 2017/2/18 13:34

石田さん、了解です。
実は4个任呂覆6个任靴燭、大差無いですね。



新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

OpenIDログイン

サイト内検索

画像表示

古舘@横浜 さんの日記 [ランダム画像]

スキャン5cm 仮箱 インプレ
規格外のファストン端子は曲げてやっと入るスペースしか空いて...

STEREO誌 自作SPコンテスト応募
完成写真。斜め右より。 ...

STEREO誌コンテスト出品P800DB
最近見なくなったダイソーの500円F字クランプを総動員。 ...

サブウーファー音出し
1枚ものの熱帯のろ過用のポリエステル綿を上から被せる様に入...

2014年度 STEREO誌 コンテスト作品 その7
ダクト延長用に24mm厚の板を切り出し、32mmの穴を空け...

オフ会用スピーカー3
爪付きナットを挿入するのに万力で締める。外側からだと届かな...

2014年度 STEREO誌 コンテスト作品 その8
カットされた11mm幅のクッションテープ。2mの長さでもあ...

2014年度 STEREO誌 コンテスト作品 その3
天板部分は3層構造でネジの頭を見せなくすると同時に強度アッ...

投稿者

古舘@横浜 さんの日記
アクセス数: 1017265 



カレンダー

«前の月次の月»
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728

新着コメント