タグクラウド(登録数順)

TOP  >  日記  >  こたちゃん  >  塩ビ管SP  >  Yoshii9タイプSP作製用新ユニット「H080D-AF」

こたちゃん さんの日記

 
2014
6月 3
(火)
23:47
Yoshii9タイプSP作製用新ユニット「H080D-AF」
前の日記 カテゴリー  塩ビ管SP
タグ 
本文

お久しぶりです。

新しいユニットが届きましたので、以前作製したYoshii9スピーカーNakazi001」を改造して仕立ててみました。

以前使用したTIMEDOMAIN Labの「プロトタイプユニット」の正式版「H080D-AF」が今月2014年6月に発売されます。(詳細は未定。)
市販を前に1セット入手出来ました。

プロトタイプとは全く性格が違うユニットになりました。

長いブリッジとネオジウムマグネットによるパワフルな特徴でしたが、ブリッジは短くなり、アルミダイキャスト製になりました。
結果、全高が低くなり、剛性も上がっています。

ボビン長が短くなったおかげで、可動部が軽量化されています。音の繊細さははるかに良くなっています。
一方で、露骨過ぎた(?)パワー感は抑えられています。
扱い易さははるかに良くなっていると思います。

プロトタイプユニットがマッスル系スポーツカーなら、正式版はライトウエイトスポーツカーです。

プロトタイプユニット同様、Yoshii9風のグランドアンカーを設けるために、マグネット側にM6のネジが切られています。
ほぼボルトオンでユニット交換出来ますが、外形が僅かに大きくなっている(プロトタイプ用に売っていた追加リングと同じ大きさ)のと、高さが違うので、調整が必要です。

また、Yoshii9へ装着も可能です。
但し、ゲルが劣化していると干渉するのでかさ上げか交換が必要な場合あるとのことです。

TAIMEDOMAIN Labさんとしては、自作スピーカー愛好家のためにリリースしたとのことですので、Yoshii9スピーカーをお考えの方、ぜひお試しを。

画像1

「H080D-AF」

画像2

左「H080D-AF」右「プロトタイプユニット

画像3

ブリッジが細く短くなりましたが、アルミダイキャスト製に。

画像4

Yoshii9ユニットと比較。

閲覧(3400)

コメント一覧

投稿ツリー


たてちゅう  投稿日時 2014/6/4 8:54

またオフ会で聴かせて下さいませ!

こたちゃん  投稿日時 2014/6/4 18:34

次回オフ会までには仕上げます。
あまりにも性格が違うのでチューニングを思案中です。(汗



新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ